身だしなみや衛生管理が厳しい!

一口に食品工場といっても、弁当やパンあるいは冷凍食品や飲料品など、そこで製造しているものは幅広く多岐にわたります。したがって製造現場の仕事内容についても、メーカーそれぞれの特徴や製品ごとに、大なり小なり異なるものです。 とはいえ、いずれの食品工場であっても、消費者の口に直接入る製品を扱うため、衛生管理の厳しさという点では共通します。製品に異物が混入したり、食中毒が発生しないように、従業員には髪型やユニフォームについての細かい規則を厳守させることなどは、どの工場でも一般的。また従業員が製造現場へ入る際も、何度も消毒液で手洗いをして、衣類に付着した髪の毛やホコリも、吸着ローラーやエアシャワーで除去することが、通常は徹底されています。 これから食品工場の仕事を希望する人の中で、細かいルールを守るのが苦手な人や、自分のスタイルで仕事をしたい人にとっては、このような実態がデメリットに感じるはずです。

強い体力が必要になることもある!

どのような業種の工場であっても、製造ラインでは長時間にわたって立ち仕事になるケースがほとんど。これは食品工場でも例外ではありませんが、食品という性質上、重労働になる仕事内容が少ない傾向が見られます。そのため作業現場で数多くの女性が活躍しているケースが目立つのは、食品工場ならではの特徴と言えるでしょう。

しかし配属される部署によっては、重労働になる場合もあります。例えば調理段階の仕込み作業では、食材の入った重いバケツを繰り返し大鍋へ投入しなければなりませんし、硬いボイラーの栓を何度も開閉する動作も必要になります。また飲料品を扱う工場で出荷作業の部署に配属されると、大量の缶製品が積まれた重量パレットを、倉庫やトラックヤードへジャッキで運搬する作業もあります。いずれにせよ体力や健康に自信がない人にとっては、たとえ長時間の立ち仕事であっても、大きなデメリットになることでしょう。

神奈川の寮費無料の求人は、2交代制の工場勤務が多いですが、3日働いて3日休みというシフトで週のうち3日は休日です。入寮希望者には寮費無料で、祝い金まで支給されます。