体感温度や衛生環境をチェックしておく

食品工場で扱われている食材は様々ですが、グリルやボイルなど加熱処理を行っている現場も多いです。食品工場では衛生管理の観点から帽子・マズク・作業着の着用が義務付けられている場合がほとんどであり、体感温度は実際の室温以上になります。逆に鮮魚や野菜を扱う現場では業務用の冷蔵庫・冷凍庫に出入りする機会も多いため、室温との寒暖差が大きく体調を崩しやすくなると言えるでしょう。持病や体質によって極端な寒暖差が苦手な人は注意が必要になります。また、労働環境という意味では衛生環境についても調べておきたいところです。特に食肉や鮮魚を加工する工場では血筋や不要となった部位の汚れ・臭いが気になるという人も少なくありません。自分がどの程度の環境までなら対応可能であるか、予め基準を設けておきましょう。

体力的にやっていけそうかどうか

食品工場のほとんどは各自が決められた業務をひたすら行うライン作業となっています。考える事が少ないという意味ではさほど労力がありませんが、同じような姿勢が続くため体力的な負担は大きいです。特にベルトコンベアで流れてくる商品に食材を乗せるような現場では中腰の姿勢が長時間続くため、腰痛持ちの人にとっては厳しい仕事と言えます。また、ライン作業は担当する業務が単純な一方でスピード感が求められる場合が多いです。もちろん作業の正確性も必要となるため、テキパキと動いて作業するのが得意という人に向いている仕事であると言えるでしょう。基本的に作業内容は毎日ほぼ同じものになると考えられるため、1つの事を飽きずに続けられる根気よさも大切です。

神奈川の住み込みの派遣は賃料が無料で済む案件がたくさんあり、生活費を工面せず安心して働くことができます。